Groovin' Trumpet



初心者の楽器選びについて

これからトランペットを始めたい、あるいはトランペットを始めたからそろそろ自分の楽器を 買いたいという方は、通常友達や知人などである程度経験のある人がいれば、その人に選んで もらったり、アドバイスをもらったりするのが一番いいのですが、そういう人が周りにいない、 あるいは他の人の意見ももっと聞いてみたいという方のために、購入楽器の選び方について 書いてみたいと思います。
ここに書いてあることはあくまで、Groovin' Trumpet店主の主観的な価値観であり、 絶対的なものではありませんので、それを踏まえた上で読んで参考にして頂ければと思います。

まず、優先順位から言えば、ある程度資金に余裕があるのであれば良い 楽器を買った方がいいです。
良い楽器というのはトランペットでは大体20〜30万円前後出せば、新品 でプロが使うクラスの楽器を買うことができます。(例えばBachやYAMAHAの上位機種もこの 価格帯です。)
20万というと高いと思う人もいるかもしれませんが、他の楽器(木管楽器など)では50万 とか100万円以上出さないと一定のレベルの楽器を買えないという方が普通で、そういう 意味ではトランペットは比較的安くプロレベルの楽器が買えると言えるでしょう。 (もちろん、トランペットでも50万円とか100万円とかいうのもありますが、個人的には 最初からそのレベルは必要ないと思います。)

しかし、「良い楽器と言ってもどのメーカーがいいのかなどが分からない」、「良い楽器を 買いたい気持ちはあるけど、やっぱり資金的に難しい・・・」という方は、まずは安い楽器を 購入し、ある程度上達してから良い楽器にステップアップした方が現実的かもしれません。
では、安い楽器なら何でもいいかというと、もちろんそういうわけにはいきません。 安い楽器ほど基本的な機能の品質の差も大きいので楽器選びは重要になってきます。

安い楽器を買うときにあまりお勧めできないのが、通信販売などで売られている(最近では 楽器店の店頭でも最安値の楽器として陳列してありますが)新品で1万〜3万円の楽器です。
メーカー名は英語の名前になっていますが、実際には入門用に安く売るために作られている中国製などの楽器で、見た目はまともですが楽器としての機能は十分とは言えません。(具体的には ピストンや各スライドなどの機密性が悪く、動きが良くない、音程が良くない、吹奏感に 問題があるなどのトラブルが良くあるようです。すべてがそうであるというわけではありません。)

10万円以下の楽器を買う場合、当店がお勧めしているメーカー(ブランド)が Carol Brass(キャロルブラス)、Queen Brass ZORRO(ゾロ)、YAMAHA(ヤマハ)の3つです。
(ちなみに、Carol BrassとZORROは同じメーカーですが、国内販売元が違うため別ブランド 扱いとなっております。)
YAMAHAは当然ながら日本のメーカーで、Carol BrassとZORROは台湾のメーカーです。 どちらも低価格なラインナップでも品質が高く、個体差の無さや仕上げの美しさなど、低価格 でも楽器として十分なレベルにあり、お勧めできるメーカーです。
YAMAHAはオーソドックスな作りで、吹奏楽やオーケストラの 方にお勧めできます。
また、ZORROは吹奏感が軽く、JAZZなどの高音域を多用する方、あるいは非力な学生や女性にも 向いています。楽器の重量も比較的軽めにできていて、音色もどちらかというと軽く明るい 傾向です。

いずれも入門モデルで6〜7万円ぐらいからとなります。もし、2〜3万円で買いたいという人は 中古品という選択もありますが、中古品は目利きも必要になりますので当たり外れも大きいと言えます。
中古に関しては、YAMAHAの入門用モデルが数多く流通していますので、あまり見た目を拘らない方は まずは中古を買って気軽に始めてみるのもいいと思います。(ただし、中古に関しては完全に自己責任になります。)

楽器の色(仕上げ)について

楽器の色(仕上げ)は大きく分けて2種類あり、「ラッカー仕上げ」と「銀メッキ仕上げ」があります。
ラッカーは元々は透明ですので、下地の金属の色がそのまま出ます。
金色に見えるのはラッカーの色ではなくて、下地の金属の色というわけです。
また、銀メッキはその名の通り銀のメッキを施します。
一般的には仕上げによって次のような音色になるといわれています。

・ラッカー : 明るい音色、軽い音色、派手な音色
・銀メッキ : 落ち着いた音色、柔らかい音色

音楽ジャンルで言うと、オーケストラや吹奏楽では銀メッキ、JAZZやPOPS、ロックなどはラッカーを使っている方が多いです。
(ただし、やるジャンルで色を決める必要はないと思います。ジャンルによる好みでよく使われているという程度です。)

また、トランペットとコルネットの違いや初心者の方にコルネットをお勧めする理由を書いた当店のブログもありますので、そちらも参考にしてみて下さい。
ブログ:初心者にはコルネットとトランペットどっちが良い?


Groovin' Trumpetがお勧めする初心者向け楽器(新品販売)

10万円以下の低価格品(価格はいずれも税抜き表示)

・QueenBrass ZORROU ML GL(イエローブラス、ラッカー仕上げ) 定価 90,000円
・QueenBrass ZORROU ML SP(イエローブラス、銀メッキ仕上げ) 定価 100,000円
・CarolBrass N3200 CL(イエローブラス、ラッカー仕上げ、セミハードケース) 定価78,000円
・CarolBrass N3200 SP(イエローブラス、銀メッキ仕上げ、セミハードケース) 定価99,000円
・YAMAHA YTR-2330(イエローブラス、ゴールドラッカー仕上げ) 定価 75,000円
・YAMAHA YTR-2330S(イエローブラス、銀メッキ仕上げ) 定価 85,000円
・YAMAHA YTR-3335(イエローブラス、ゴールドラッカー仕上げ) 定価 90,000円
・YAMAHA YTR-3335S(イエローブラス、銀メッキ仕上げ) 定価 100,000円

20〜30万円前後のプロレベル品(価格はいずれも税抜き表示)

<吹奏楽・オーケストラ系>
・V.Bach Stradivarius(ストラディバリウス) 180ML37SP 定価 335,000円
・YAMAHA Xeno(ゼノ) YTR-8335S 定価 300,000円
・S.E.Shiers Qシリーズ(Q10S) 定価 335,000円
・BSC ”アヴァンス”SP 定価 254,000円
・BSC ”ニューヨーク”SP 定価 298,000円

<JAZZ・POPS系>
・VIRTUOSO(ラッカー)杉山正モデル 定価 250,000円
・QueenBrass Hinoモデル(オールサテンラッカー) 定価 270,000円
・YAMAHA YTR-8340EM エリック・ミヤシロモデル 定価 325,000円
・V.Bach Stradivarius Commercial(コマーシャル) 定価 420,000円

*吹奏楽・オーケストラ系は主に銀メッキを、JAZZ・POPS系は主にラッカー系を採り上げています。

(2018.6更新)

Copyright(C) 2005-2011 Groovin' Trumpet All rights reserved